【wordpress】404エラーページをカスタマイズする。簡単!文字の変更。

しだいにブログで検索して来てくれる人が増えていったり投稿数が増えていくと、検索がうまく機能せずに何もないページにたどり着いてしまう。
そんな時に表示されるのが、

404エラーページです。

Google先生も404ページは超重要!とおっしゃられているし、ブログには必需品ということなので404ページが自分のsiteにちゃんとあるのか確認してみました。

 

404エラーページ確認の仕方はすごく簡単!

あるかどうかを確認するには、2通りのやりかたがあります。自分のサイトでありえないアドレスを検索すればいいです。たとえばわたしのblogで試してみれば、

http://tonnetasuka.com/2016-404/

など、「そんなページつくってないよ〜!この世に存在しない」ような文字を記入して検索。

404page-display

 

でました!
どうやらwordpressの【twenty sixteen】は404ページが存在している模様。
ありがとう!Twenty sixteenを作ってくれた作者さん。

ためしにエックスサーバーでFTPフォルダをのぞいてみれば404.phpがちゃんとありました。これが二つ目。FTPで自分のphpを確認!
せっかくFTPへログインしたので、ついでにこれをwordpressの子テーマへ移植しておく。大元の内容をコピーして、自分の子テーマのフォルダに投入。

子テーマの作り方に関してはこちらからどうぞ。
wordpress【Twenty Sixteen】で子テーマを作ってCSSデザインをはじめよう

完了。
ちなみにエックスサーバーでも404エラーページを追加してくれる機能があります。

 

エックスサーバーの404設置の仕方。

まずはエックスサーバーにログイン。

xs-panel-log-in

――――インフォメーションパネルのデザインが最新に変わってた!ヽ(^O^)ノ
昔のカチッとしたデザインから、まるっこくて可愛い感じになってる〜!

そ、それは置いといて、ログインするとホームページの項目にエラーページ設定があります。クリックして自分のサイトを「選択する」をクリック。
エラーコードがズラッと並んでいるので【404(ファイル存在しない)】を「onにする」をクリック。
このあと、

『ファイルが存在しない、などのエラーページを独自のページに変更することができます。「ON にする」をクリックした後、「エラーページ設置場所」に表示したいエラーページを設置してください。

と書いてあるとおりに設置すると機能します。
わたしはwordpressテーマのままで良いかなっと思いオフのままです。

け、けっして「どこに設置するのかわからないんだからねっ」そんな低レベルな考えではありません(汗)
しかしテーマ既存の404ページは『お探しのページはありません』しか書かれてないとか、あまりにも文字が寂しいので少しいじってみました。

きっとここにエックスサーバーの404ページを設置するんですね!多分(汗)

404ページのカスタマイズはいろんな方法がある。

でも初心者には分からないコードもあるので、いきなり多くをいじったら修復不可能になりそうなので、まずは恐る恐る文字だけ変更してみました。

404page-style

ここに書いてある404.phpの<?php_eの【_e】は英語を日本語に変換してくれます。そうネットに書いてありました(他力本願)きっとここだな!っと思い、日本語で書き直してみた結果。

404page-character-change

成功しました!
やたー。

404page-display2
まとめ

とうぶんはこれでいって、少しずついじってみようと思います。
がんばります!

Pocket

投稿者: 井上 コイル

初めまして。井上コイルです。 デザイン学校卒。 ゲーム大好き。本。ハンドメイドや物書きも大好き! ただいまブログの作り方を目下、勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です